相原誠吾

提供: 真・女神転生シリーズ&アトラス スタッフ情報Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

相原 誠吾(あいはら せいご)、流星野郎(りゅうせいやろう)

デザイナー、広報。グラフィックデザイナーとしてアトラスに入社。同期には金子一馬がいる[1]。その後、広報に転身し、アトラスの名物広報として知られるようになる。ラジオ関西で放送されていたアトラス提供のラジオ番組『流星野郎のゲーム業界裏情報』、『流星野郎のGAME MAX』でパーソナリティを務める。『豪血寺一族2』(1994年)に登場するプレイアブルキャラクター「サハド・アスラーン・リュート」の声優を担当。『ペルソナ2 罪』(1999年)には彼がモデルとなっているラジオDJ「流星野郎」が登場する。

2001年より開発部門に配属され[2]、「グローランサー」シリーズ、「ハムスターパラダイス」シリーズのプロデュースを担当[3]。2002年にアトラスを退社[4]

その後はアイドス[5][6]、エンターブレイン[7]に在籍した。2016年に『ゲームセンターCX』で『メソポタミア』(1991年)が取り上げられた回に電話出演した[8][9]

ゲームクレジット(アトラスタイトル関連)

参考文献

  1. 「月イチ新連載企画第1回 クリエイター列伝 悪魔絵師 金子一馬」 『セガサターンマガジン』 1997年12月19日号 Vol.44、 ソフトバンク、121-125ページ。
  2. http://www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki/200106.html
  3. グローランサーII』のゲーム内クレジットでは「Sales」となっているが、雑誌インタビューではプロジェクト全体の総合プロデューサーとして紹介されている。
    『電撃PlayStation』 メディアワークス、2001年7月27日号 Vol.182、54-55ページ。
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki/200107.html
  4. http://www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki/200206.html
  5. [SEGA]セガ竹崎のセガスタ!日誌 https://web.archive.org/web/20030724070735/http://sega.jp/segasuta/200211.html
  6. http://www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki/200210.html
  7. http://www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki/200501.html
  8. ゲームセンターCX - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト) https://otn.fujitv.co.jp/gamecenter/oa/bn227.html
  9. アトラス公式アカウントさんはTwitterを使っています 「流星野郎こと元アトラス広報の相原さん、ゲームセンターCX『メソポタミア』でのご協力ありがとうございました! https://t.co/Zmna5Y2Ieh」 / Twitter https://twitter.com/atlus_jp/status/791879074004111360
  10. 流星野郎の日記 http://cgi.www5e.biglobe.ne.jp/~he-cho/aihara/nikki.cgi

外部リンク